tamadonのブログ

人間万事塞翁が馬

Kyashに入社して1年くらい経ちました

この記事はKyash Advent Calendar 2020の14日目の記事です。

KyashでiOSチームのTech Leadをしている玉井です。

早いものでKyashに入社してもう1年が経とうとしているので振り返ってみようと思います。

何をやっていたか

プロダクト開発:採用:その他 = 8: 1.5: 0.5 くらいの割合でやっていました。

  • プロダクト開発
    • Sign in with Apple
    • 資金移動業ライセンス取得に伴う本人確認機能
    • その他各プロジェクト(Kyash Card, カード設定, 銀行口座登録, etc)で発生した細かい修正の巻き取り
  • 採用
    • 書類審査・面接
    • 面接方法の整備
    • 新メンバー用オンボーディングフローの整備
  • その他
    • iOSアプリのリリースフロー整備
    • 過去バージョンiOSのサポート終了ルール決め
    • iOS Test TeaTime #1登壇

入社前は「Kyashって結構プロダクトとして完成されている印象があるから今から入社して新規の機能開発とかあるのかな?」と思っていたのですが、目指す世界の実現のために実装していく機能が多く開発タスクが無くて暇になるということはありませんでした。 ガツガツプロダクト開発をしたいと思って入社したのでこれはありがたかったです。

ガツガツプロダクト開発をした結果、iOS版Kyashリポジトリのコミット数が2位になりました(Deleteがメチャ多いですがCarthageで管理しているライブラリの更新をしたからです)ちなみに1位とは文字通り桁が違うので自分が1位になる日はだいぶ先のことになりそうです。

f:id:tamadon3776:20201210181152p:plain

リモートで勉強会に登壇したのも良い思い出です。最初はどうなるか不安もありましたが参加者のリアクションを後で確認したら好意的に受け取られているようで嬉しかったです。

Kyashで働いていて気に入っている点

質問に対するレスポンスが早い

詳しくはPdM(プロダクトマネージャー)araiの記事を参照いただきたいのですが、こういう風に考えて行動しているPdMが居るのはありがたいです。

PdM(スクラムにおけるPO)にはあらゆる方面から常に質問が飛んできます。心がけているのは、質問に対して即答できること、そして理由も一緒に伝えること。 そのためには瞬時に判断できるように考えつくしておく必要があります。 もちろん自分が想定できていなかった有難い指摘には感謝し、朝令暮改の判断をすることも。日々鍛錬あるのみです。

開発していて仕様について悩んだ時、質問してシュッと回答が来なかった事がないです。自分もそれに影響されて既存仕様について質問されたらシュッと回答出来るように心がけています。

実装難易度が良い感じに高い機能開発が多い

Kyashの機能開発は自分にとって実装難易度が良い感じに高くてやりがいを感じています。

具体的にはアニメーションを用いたユーザー体験を提供する機能やユーザー認証系ですね。今まであまりこういった実装を経験してこなかったので、学ぶことが多くて楽しいです。

Sign in with AppleiOSアプリ側の実装を担当したのですが、どうすればセキュアな実装になるかサーバサイドエンジニアと議論しながら実装したのも良い経験になりました。 Sign in with Appleを既存ユーザーも利用可能にするか?という点についても議論して、既存ユーザーの自分が使いたいというのもあり実装工数が増えましたが、チームの皆でこだわって実装した事により社内からは良いフィードバックがもらえたのも良い思い出です。

|

ここらへんの話は別の機会にKyash Blogの方で書いてみようと思っています。

色々改善する速度が早い

Kyashでは毎週金曜に振り返りを行っているのですが、そこで問題提起した事が来週には改善されているという事が多いです。

例えば、1週間のうち水曜と木曜にミーティングが散らばっていて開発に集中しづらいという問題を提起したら、翌週から木曜に一本化されてミーティングも連続して実施されるようになりました。

もちろん全てが自分の思い通りという訳ではないですが、変化していける組織というのは良いですね。Kyashで働いていて継続的にストレスを感じたことはないように思います。

おわりに

そんな感じで、毎日楽しく働いています。もしKyashで働くことに興味があればTwitterのDMで良いのでお気軽に連絡ください。

明日は、一緒にiOS版Kyashを開発しているnekowenです。

育児とやっていきの両立について(2019年版)

この記事は 子育てエンジニア Advent Calendar 2019 12日目の記事です。

はじめに

去年、育児とやっていきの両立についてという記事を書きました。そして今年、次女が生まれて生活が変化したのでその事について書きます。

f:id:tamadon3776:20191212112009j:plain

家族構成

  • 僕 エンジニア
  • 妻 (育休中)
  • 長女(2歳)保育園
  • 次女(0歳)少しおすわりが出来るようになってきた。来年から保育園予定

子育ては大変

今回のAdvent Calendar1日目にある子育て世代の成長戦略にこんなことが書かれていました。

二人目が産まれたとき、大変さは二倍ではなく二乗であると悟った。

僕も悟りました...(妻は僕の100倍くらい大変だと思います)

去年書いた自分の記事を見ると、こう書いてありました。

  • 我が家では、基本的に僕が娘を風呂に入れるというルールにしているので遅くても20:00には帰宅している必要があります。
  • 休日は娘と遊ぶので、娘が昼寝している時間=自由に使える時間

今はこんな感じです。

  • 我が家では、妻が夕飯の準備をする間2人の娘を僕が見るというルールにしているので遅くても18:30には帰宅している必要があります。
  • 休日は奇跡的に2人の娘が昼寝している時間=自由に使える時間

今は多少慣れましたが、休日の日中に自由時間が持てないのが地味に辛かったです。

1日の流れ

現在の1日の流れはだいたいこんな感じです。

  • 03:00 起床&自由時間
  • 05:45 電車通勤の為出発
  • 07:00 出社
  • 17:00 退社
  • 18:30 帰宅
  • 19:00 夕食
  • 20:00 入浴(次女と妻はそのまま就寝、その後長女+僕が入浴)
  • 21:15 就寝(全員で川の字)

この出社前の自由時間で趣味のゲームやコーディング、技術のキャッチアップを行っています。

家族が寝静まった後に起きて自由時間にあてるというのも試しましたが、娘の寝かしつけに失敗すると自由時間が減るというのが個人的に辛かったので、全力で一緒に寝てしまい自分だけ早く起きる事にしました。

朝は早いですがこの生活が今の自分には合っているのかなと思っています。

買って良かったもの

育児とやっていきを両立させるために、買って良かったものを書きます。

食洗機(7~20万円)

離乳食が始まると準備も大変ですが、後片付けも大変です。食洗器があれば食器洗いをする手間が減らせます。また、熱湯(我が家のは60℃)で洗浄してくれるので衛生的にも良いのかなと思っています。

スマートスピーカー(3千円~1万5千円)

我が家はGoogle Homeを使っていますが、他のでも良いと思います。子供から目を離さずに天気予報や交通情報が確認できます。

食事中にテレビを点けていると子供はTVが気になってしまうので、TVを消してラジオをかけたりしています。

子供からとっさに来る質問「〇〇の鳴き声って何~?」とかにも答えてくれます。

今は恥ずかしがっていますが、もう少し大きくなったら自分で質問して色々覚えてくれると良いなと思っています。

アンパンマン等、子供が好きな歌をかけることも可能ですがテンションが上がりすぎてしまい食事どころでは無くなってしまうので注意が必要です👶

後述するNature Remoと組み合わせると更に便利になります。

Nature Remo(1万円前後)

TV・エアコン・照明などのリモコンを1つに集約でき、外出先からも制御できます。 スマートスピーカーと連動できるので子供を抱っこしながらTVを点けたり消したりできます。子供がリモコンで遊んで見つからない事が多い我が家では重宝しています。

買ったけどあまり使わないもの

一眼レフカメラ

子供の成長を高画質で収めたい!と思いましたが近所のお出かけに持っていくにはかさばる為あまり活用できてません。 運動会などの行事の時だけ活躍しています。

GoPro HERO7 Black

子供の成長を(略)と思いましたが、スマホで良いよねって感じであまり活用できていません。 一眼レフカメラのフラッシュマウントに設置するアダプタを購入したので、一眼レフカメラを持ち出すようなハレの日には活躍してくれると思います。

ここ数年の利用率を振り返ると、カメラは購入せずにハレの日だけレンタルで済ませて使用頻度の高いスマホにコストをかけた方が良いのかなーと考えています。 でも、カメラってカッコイイしなぁ...悩ましい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 少しでも誰かの参考になる部分があれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

育児とやっていきの両立について

この記事は MoneyForward Advent Calendar 2018 10日目の記事です。

昨日はまいまいさんの絵が苦手なデザイナーがデッサン教室に行ってきたという記事でした。 絵もデザインも苦手なので、勉強したいです...そして娘から羨望の眼差しで見られたい...

改めて自己紹介を。

マネーフォワード MEiOS版を開発している、玉井(tamadon3776)です。 昨年娘が生まれました(超絶かわいい👶)。それによりエンジニア生活が変化したのでその事を書きます。

はじめに

  • 我が家では、基本的に僕が娘を風呂に入れるというルールにしているので遅くても20:00には帰宅している必要があります。
  • 休日は娘と遊ぶので、娘が昼寝している時間=自由に使える時間

1. 勉強会の参加

ありがたいことにYoutubeで動画配信していたり、平日の朝開催されている勉強会もあるのでそういうのは可能な限り参加するようにしています。

また、縁があり知人のエンジニアと子育てノウハウを共有する勉強会を運営しています。

この勉強会の特徴として以下のようなものがあります。自分が参加しやすい勉強会を運営してみるのも手かもしれません(準備等、結構大変ですが)

  • 早い時間帯(17:00〜19:00)に開催
  • アルコールは出ない(代わりに黒烏龍茶胡麻麦茶といった健康っぽいドリンクが出る)

2. スキマ時間の有効活用

休日にまとまった時間を取るのが難しいので、スキマ時間に英語ページの和訳をしたり技術書のレビューをしたりして楽しくやっています。ちなみにこれらの情報はすべてTwitter上で募集を見つけています。

スキマ時間を捻出するために取り組んでいる事について以前登壇した資料があるのでこちらも参考にしてみてください。 speakerdeck.com

まとめ

いかがでしたでしょうか。 当社には僕よりもお子さんが多い方も育児の大先輩もいるので恐縮ですが、子供が小さくてもエンジニアとしての活動って色々やれることはあるんだなぁと思っていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

明日は@furuhamaさんの 新卒が絶対にサンタさんに来てもらうために Rails バージョンアップを頑張った話 です。 新卒氏の元にサンタさんは来るのでしょうか?お楽しみに!

株式会社マネーフォワードに転職してました

色々思うところがあって、2017年03月から株式会社マネーフォワードでiOSアプリエンジニアとして楽しく働いています。

この間に娘(メチャメチャ可愛い)が生まれたり、iOSDCで登壇したり、コミュニティ運営に携わったりしています。その話は気が向いたら書きます。

とりあえず、会社のAdvent calendarでここを使おうと思ってるので更新。

株式会社ジモティーに入社した

約5年間エンジニアとしてカスタマーサービス・パッケージプロダクトの開発を担当していたシステム会社を昨年末に退職して、 3月から株式会社ジモティーという、クラシファイドサイトを運営している会社に入社しました。

ジモティー 無料の広告掲示板

転職した理由

はてなブックマークが大好きで毎日色々なエントリを読み続けた結果、Rubyへの興味と意識が高まりすぎて『一度きりの人生だし、やりたい事やって過ごしたいよね』という気持ちが抑えきれず転職を決意しました。

この動画も50回位は見ました。とても良い動画です。

転職理由について要約すると、もっとコードが書きたかった。Rubyでご飯が食べれるようになりたかった。

しばらく働いての感想

コードレビューが義務化されていて良い

ジモティーでは、本番にデプロイする前にGitLabによるコードレビューが必ず入ります。

GitLabとは、GitHubのようなサービスを社内等のクローズドな環境に構築できるオープンソースのプロダクトです。

コードレビューがあると嬉しい事の一つは知識の共有化というか、「Aという機能を実装する為にどういう修正を加えたか?」という事を実装者とレビュアーが知っている点だと思っています。

大規模なシステムになると、小さな変更でも既存の処理に影響を与えてしまう事はあって、一人で修正して「これで良いんだっけ?」と不安になりながらリリース後問題発生みたいな事があるので、コードレビューがある事で心理的不安は結構解消されるなぁと思っています。

ユーザーに価値をダイレクトに届けられるのが良い

コンシューマ向けサービスの開発は初なのですが、これは中々にエキサイティングだと感じています。

私達が「この機能はユーザーさんの為になるだろう」と考えた機能が全然使われなかったり、逆に思いつきで30分程度で実装した処理が数値の改善にすごい貢献したりと中々思い通りに行かないながらも刺激的な毎日です。

最後に

他にも、『毎日コーディングについて議論できるのが楽しい』とか『Macで開発できて嬉しい』とか『AWSバリバリ触れて嬉しい』とか『数字を意識するクセが付いた』とか『会社のある恵比寿は飯が美味くて3キロ太った』とか色々ありますが一旦この辺で。

また、転職時にエージェントを利用したのですがその話は別エントリにて書きたいと思います。

毎日勉強の日々ですが、これからも頑張ります。

schoo(スクー)で授業を受けてみた

はじめに

schoo(スクー)WEB-campusというWebサービスをご存知でしょうか。

簡単に説明すると、Web上で授業を受けれるサービスです。

Web上で授業を受けれるというと下記のようなサービスが有名ですね。

 

3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト - ドットインストール

manavee

Apple - iTunes U - いつでも、どこでも、なんでも学ぼう

 

これらのサービスと大きく異なるのは、生放送の授業を受講できるという点だと思います。

昨日(2013/01/27)このサービスを利用して授業を受講したのでその感想を書きたいと思います。

 

====

 

 誰の何ていう授業を受けたの?

講師は株式会社ソニックガーデンのCEO、倉貫 義人さんで、講義の内容は”新人エンジニアが知っておきたいアジャイル開発”です。

以前から倉貫さんのブログをしょっちゅう読んでいて「そうだよねー」という共感や「なるほどそういう考え方もあるのか!」という気づきをもらったりしていたので気になる存在でした。

また、プログラマを一生の職業にするために現在転職活動中の身としては気になる会社の経営者がどんなお話をするのか興味があり(新人エンジニアではありませんが)受講することにしました。

 

内容について

 

 

 大体こんな感じのテーマについての講義でした。

詳細については、先ほど記載した講義名のリンク先に資料があるので参照してください。

 

感想(良かったと感じた点、改善したほうが良いと感じた点)

 

新人エンジニア向けということで、「そもそも、何で今アジャイルなの?」という所から分かりやすく説明されていたように感じました。

講義中に「なるほど!」というコメントが多く投稿されていたのが印象的でした。

私は倉貫さんのブログを拝見していたので今回の講義内容と重複する内容が多かったのですが、実際に声を聞きながら説明を受けた事で倉貫さんの想いがこちらにもより伝わって来て良かったと感じました。

このサービスを初めて利用したのですが、感じた点を下記に記載します。

(初めて利用したので、間違っている点があるかもしれません。その時はMessage Leafなりコメントなりでご指摘頂けたら幸いです)

 

良かったと感じた点

  • 生放送の講義だったので、講師と受講者がリアルタイムで質問のやりとりを出来る
  • 講義のページが動的に変化して見ていて楽しい

 

改善したほうが良いと感じた点

  • 時間内に回答できなかった質問に対してのフォローをする場が欲しい
  • アンケート機能が講義画面にあると尚良い

 

まず良かった点から。

講義を受ける前までは、「ドットインストールとかと大差ないんじゃないの?」と思っていたのですがリアルタイムで意見のやりとりが出来るのは思ったよりも良かったです。

 

どちらかというと、ニコ生やUstreamのリアルタイム配信みたいな感じでした。

 

倉貫さんも我々受講者に頻繁にアンケート形式の質問を投げかけてくれたので、それも実際に講義を受けている雰囲気を感じられて楽しかったです。

 

それと、受講者の誰かが質問を投稿した際に「自分もその質問について聞きたい」と思った時にそれ用のボタンがありそれを押下すると、数字がアニメーションしながら動的に加算されていくエフェクトが個人的には興味を引くエフェクトになっており良かったと感じました。

 

次に改善したほうが良いと感じた点についてです。

 

講義の時間が限られており(今回は1時間)、その間に回答しきれなかった質問に対してフォローをする場があると良いと思いました。

何個か倉貫さんの意見を聞いてみたいものがあったので。

 

また、これは講義の内容には関係ないのですが講義中のアンケートをニコ生のように画面クリックすることで投票できるシステムがあると更に良くなると感じました。

Ustreamを使用しているようなので、難しいのかもしれませんがニコ生に慣れている身としてはアンケートの回答をチャット欄から投稿するのは少し使いづらいように感じました。

 

まとめ

 

最初は「倉貫さんのお話が聞ける」という点以外はあまり期待していなかったのですが講師と受講者、双方向のコミュニケーションを取るために考慮されたシステムで使ってみて楽しかったので良い経験が出来ました。

 

次回も気になる講義があれば積極的に参加してみたいと思います。

自宅プロジェクト管理用にRedmineが欲しいなぁと思っていたのですが、どうせならGitやJenkinsも使いたいけど別々に入れるのは面倒だなぁと思いモヤモヤしていました。

 少し調べたら今はALMiniumという便利なものがあるのを知ってこれを構築してみることにしました。

この前AWSのアカウントを作成したので、Amazon EC2上のインスタンスに構築してみる事にします。

====

 

 

下記の記事を参考にセットアップを進めていきます。

というか、この通りに進めたら無事起動しました。

最初セットアップしている時にハマったのは、Rubyのバージョンを2にしなかった所ですね。そこに気をつければ特に問題なくセットアップ出来るかと思います。

Amazon EC2にAlminiumをインストールする - dosandbox

 

 無事、RedmineとJenkinsにアクセスする事が出来ました。

f:id:tamadon3776:20140121094045p:plain

 

今回セットアップしたサーバOSは下記AMIを使用しました。

Amazon Linux AMI 2013.09.2 - ami-0d13700c (64-bit) 

 

 普段、CentOSの方が使い慣れているのでCentOSにもセットアップしようと思ったらドハマりしました。

使用したAMIは下記のものです。

CentOS 6.4 (x86_64) - Release Media on AWS Marketplace

 

セットアップ自体は特に問題なく完了したのですが、サーバのIPアドレスをブラウザで入力するとALMiniumのトップ画面(上記画像)が出るはずがCentOSApacheApache 2 Test Page powered by CentOSってやつ)が表示されました。

試行錯誤してみて分かったのは

  
・Redmineのみをインストール
→ALMiniumのトップ画面が表示される
・RedmineとJenkinsをインストール
→powered by CentOSが表示される。Jenkinsは問題なくアクセス可能

という事です。

その後、設定ファイルの差分やら調べたのですが解決には至らず結局Amazon Linux上で運用する事にしました。

しかし、Redmine+Git+Jenkinsが簡単にインストール出来るなんて便利な世の中になりましたね。

関係者の方々、どうもありがとうございます。